1. ホーム
  2. ニュース&コラム
  3. バーベキューを100%楽しむ!押さえておきたいコツと簡単レシピ

旅のHowTo

バーベキューを100%楽しむ!押さえておきたいコツと簡単レシピ

2017年12月26日

バーベキューを企画する時にまず何からはじめていいのか悩みませんか?今回はバーベキューを企画する際の準備などバーベキューをとことん楽しむためのコツと、バーベキュー料理の準備、簡単なレシピについてご紹介したいと思います。

 

コテージでBBQ

【バーベキューをとことん楽しむコツ】

●場所選び

家族や仲間とバーベキューを楽しみたいと思った時に、まず場所探しから始めると思います。なるべくなら普段の環境から離れて、山間や川沿いなど豊かな自然の中でバーベキューが楽しめる場所をピックアップしてみましょう。
車を利用して参加される方が多い場合には、駐車場とバーベキュー会場との距離はどうかをチェックしてください。また屋根付きのバーベキュー会場が併設されていれば、雨の日や急な天候の変化にも対応できます。せっかくみんなで集まる機会なので、できるだけ中止せず開催できるような場所選びができるといいですね。

●施設の概要をチェックしておく

気になるバーベキューができる施設を見つけたら、設備などを調べておきましょう。用具の持ち込みができるかどうか、炊事・調理ができる場所があるか、そのほかトイレの有無や施設使用料金の確認、近くにスーパーがあるかなどもチェックしておくと良いでしょう。
施設によって直火厳禁の場合があり、炭が使用できない場合もあります。この場合には代わりにガスなどを使うようになりますので、事前の確認が必要です。またゴミは持ち帰るようになっている場合もあります。
場所によってはバーベキュー機材のレンタルをしている施設もあります。こういう施設でバーベキューができれば、道具を持っていなくても気軽に利用できますし、荷物の運搬や後片付けの手間も少なくてすむのでおすすめです。

●参加人数によって準備する肉や野菜などの量を決めておく

バーべキューに参加する人数や年齢層によって準備する肉の量も変わってきます。1人あたり牛肉であれば150g程度を目安に、好みに合わせてタンやホルモン、豚肉、鶏肉、ウインナーなどを用意しましょう。食べ盛りの子やしっかり食べる人が参加される場合には、少し多めに用意しておいてくださいね。

BBQ食材

●ドリンクの準備

バーベキューをする時に忘れてはならないのが、ドリンクの準備です。人数が多い時にはリカーショップなどでビールサーバーをレンタルしても良いでしょう。また、肉料理に合うワインを用意しておくのもおすすめです。最近は、破損の心配もなく冷やすことが簡単な安いペットボトル容器のワインもあります。
運転される方にはノンアルコール飲料を準備するなどの配慮も忘れずに。お酒が飲めない方やお子様には、ジュースなどを用意しておきましょう。お茶はアルコールを飲む方も飲まれる場合があると思いますので、人数分の用意をしておくことをおすすめします。

●食器や道具は100均やホームセンターを有効活用しよう!

最近は100円均一ショップでおしゃれな使い捨てトレーをはじめ、バーベキューに使えるトング、鉄串、軍手、アルミホイルなどの道具を簡単に手に入れることができます。アルミホイルは、野菜やタンやホルモンを焼く時にも便利ですし、皿の形にすればコーン缶をひっくり返して、コーンを網の上で温めることも可能です。
バーベキューの後片付けを最小限で済ませるため、使い捨てトレーやプラスチックのコップ、割りばしなどを有効活用して、気軽なバーベキューを楽しみましょう。

●炭でバーベキューを楽しむための一工夫

本格的に炭でバーベキューを楽しみたい時には、火起こしも重要な作業になります。ホームセンターやスポーツショップなどのアウトドアコーナーで販売されている炭の中には真ん中に穴が開いているものがありますが、この炭や着火剤を使用すると火起こしがしやすくなります。
火を起こした後は、コンロの中で赤い炭を置いた強火のエリアと、赤い炭と火のついていない炭を混ぜて置いた部分に分け、さらにこの部分は炭の量を調整して中火、弱火エリアに分けておくと食材に合わせた火力調整が楽にできますよ。
また火力が強くなり過ぎた時のために、手元に濡れタオルや消火剤も置いておくことをおすすめします。

BBQ炭

●バーベキュー参加者が片づけやすいように工夫し、みんなに協力してもらう

ゴミを持ち帰る場合には、住んでいる地域によってゴミの分別も必要だと思います。スーパーなどで大き目のダンボール箱をもらっておき、その中にゴミ袋分類分けをして入れておけばサッと後片付けができます。残飯や汁物を捨てるバケツとバケツに入れるザルも用意しておくと片づけがスムーズに進みますので、ぜひ忘れずに用意してくださいね。

【料理の準備と簡単レシピ】

●サラダなど手軽に食べられるものを用意しておく

バーベキューの楽しみは肉や野菜を焼きながら食べることですが、焼けるまでの時間に食べられるサラダやチーズ、パンなど手軽につまめるものを用意しておけば手持ち無沙汰にならずに済みます。サラダはスーパーやコンビニでも販売されていますので、食器に移し替えるだけ見栄えもが良くなります。そうそうドレッシングも忘れずに購入してくださいね。パンはそのまま食べても良いのですが、バーベキューコンロのはしで焼いて食べるのもおすすめですよ。
アルミホイルで作った器やお弁当に使う大き目のおかず用アルミにチーズを入れて、一緒にコンロにのせておけば、コンロの熱でチーズが溶けてパンにディップして食べやすくなります。溶けたチーズは焼いた野菜や肉にディップしても美味しくいただけますので、ぜひ作ってみてくださいね。

●下準備をしておく

野菜はカットして保存袋に入れておくか、スーパーでカット野菜を購入しても良いでしょう。また肉や魚を調味液に漬け込み、保存袋に入れて冷凍しておくと味が染んで美味しくなります。バーベキューの網に乗せるときには焦げやすくなりますので、ホイルで包んで焼くのがおすすめです。一緒に玉ねぎや人参、キャベツなども漬け込んでおくとより美味しくなります。(火の通りが良くなるよう厚みを考えて、肉には切込みを入れておくと良いですよ。)肉や魚を冷凍したものは保冷剤の代わりにもなりますので、保冷剤を準備する手間も省けます。

BBQ料理

●料理によって金網と鉄板を使い分けよう!肉はゆっくり焼こう!

バーベキューの醍醐味は、バーベキュー用の金網で肉や野菜を焼いて食べることではないでしょうか?しかし肉の厚みによって鉄板が向いている場合もありますし、鉄板を用意しておけば焼きそば、ピザなどを焼くこともできます。
また金網で肉を焼く場合には、網をしっかり温める、油を塗ってから肉を焼くなど、食材が金網にくっつきにくくする対策もしておくことをおすすめします。意外なことですが、肉は頻繁にひっくり返すと火が通りにくくなるようです。片面を焼いてからひっくり返すくらいが良いですよ。

●おやつタイムの準備もしておくと好感度アップ!

バーベキューの後には、コーヒーや紅茶などのドリンクと一緒にクッキーなどのおやつやデザートも用意しておくと良いでしょう。ドリンクやお菓子は、使い勝手の良い個包装の商品がおすすめです。残り火で串に刺したマシュマロを焼いて食べるのも美味しいし、子供も一緒に楽しめるのでおすすめですよ。ゆっくりコーヒーを飲みながらお菓子を食べ、おしゃべりをして楽しいひと時を過ごしましょう。

BBQデザート

「コツ」を押さえて、1ランク上のバーベキューを楽しんで

バーベキューを100%楽しむコツの特集はいかがだったでしょうか?利用したい施設の下調べはもちろん、用意する道具や簡単に作れるレシピに悩んだ時の参考になればと思います。また会場では、他グループも楽しんでいる可能性があるのでルールやマナーを守って気持ち良く楽しいバーベキューにしてくださいね。

BBQ様子

 

 

=========================
関の里BBQプラン
料理長厳選!!秋・冬食材のBBQ 宿泊は薪ストーブ付きログハウスで♪
お1人様9,259円から! ご予約は『こちら
=========================

  • おすすめプラン
  • ファミリー、ペット連れ、団体様☆彡様々なご宿泊でご利用可能。
    ログハウスで大切な家族と一緒に過ごすひと時を『四季の森関の里』で

記事一覧に戻る

宿泊予約

宿泊予約
宿泊プラン一覧
0248-32-3151

【電話受付時間】10:00〜17:00