キャンプ初心者でも安心!初めてのコテージ宿泊に欠かせない持ち物10選

旅のHowTo 2017-11-24

初めてキャンプをする人におすすめなのが“コテージ宿泊”です!コテージには家電や家具、キッチンやトイレまで揃っており、テントを自分で張るのは不安…というキャンプ初心者や、キャンプはしたいけど荷物はできるだけ少なくしたい!というファミリーにはおすすめです。

コテージ泊ファミリー

今回は、そんなコテージ宿泊に欠かせない持ち物10選をお届けします。必需品編・バーベキュー編に分けていますので、これからコテージ宿泊をお考えの人はチェックしてみてくださいね。またコテージ宿泊ならではのメリットや楽しみ方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

そもそもコテージってどんな所?

キャンプ初心者の人にとって“コテージ”という言葉はあまり聞きなれないのではないでしょうか?
コテージとは、キャンプ場にあるログハウス風の建物の事を言います。キッチンやお風呂、家具や家電などの設備も整っているので、屋外キャンプのように大掛かりなアイテムは必要ありません。そのため、子供連れのファミリーや友人同士で気軽に宿泊できるのがコテージの大きな魅力です。

コテージキャンプ

突然思い立ってキャンプに行く!そんな時でもコテージ宿泊だと気軽に行くことができるのです。
コテージは「一部屋で○○円」という料金設定が一般的なので、友人同士など大人数で宿泊すると一人あたりの料金が割安になるというメリットもあります。
キャンプ初心者にはまずコテージ宿泊から始める事をおすすめします。

 

コテージの楽しみ方

では、実際にコテージに宿泊するとどのような楽しみ方があるのでしょうか?
コテージ宿泊の楽しみ方として
・大自然に囲まれて森林浴
・バーべキューやキャンプファイヤーを楽しむ
・夜景を楽しむことができる       などがあります。

コテージは山の中にあることが多いため、家族や仲間たちとハイキングにでかけてみたり、川や湖などの景色に心癒されたり、都会では普段味わう事の出来ない大自然を満喫することができます。また夜になれば、キャンプファイヤーを囲みながら満天の星空を眺めることも。普段の喧騒を忘れてゆっくりとした時間を過ごすことができるのも、コテージ宿泊の楽しみ方のひとつです。

 

コテージ宿泊で必要な物【必需品編】

キャンプ準備

コテージは山の中にあることが多いので、いざコテージに着いてから「○○がない!」となっても、買いに行くのは一苦労です。わざわざ山を下りてコンビニを探す…そうならない為にも、必要なものは事前に準備しておくことが大事です。ここでは【絶対に外せない必需品を5つ】ご紹介しています。出発の前に必ずチェックしておきましょう。

 

・着替え

着替えは多めに持って行くといいでしょう。大自然で遊ぶわけですから、汗をたくさんかきます。服が汚れる事もあるので、ホテルに泊まるよりは多めに着替えは持って行くようにしましょう。山の天気は変わりやすく、突然に雨に襲われる可能性もあります。そのため、レインウエアを持参する事もお忘れなく。

・タオル

コテージは、旅館やホテルと違いタオルは用意されてないことが多いです。バスタオル・汗拭きタオルなど、少し多めに持って行っても不便はしないでしょう。日中、首に巻いて日焼け防止に使うのも一つです。

・虫よけスプレー

コテージは基本的に山の中にあることがほとんどです。蚊などの虫に刺されて楽しいキャンプが台無し、なんてことにならないように必ず虫よけスプレーは持参してください。近くにコンビニやドラッグストアが少ないため、事前に用意しておくと安心です。
特に小さな子供がいる場合は、外出前に必ず塗布するように心がけましょう。蚊を媒介して病気になったという事例もありますので、忘れず持って行きたいアイテムです。

・ランタン・懐中電灯

大自然で過ごすため、コテージ周辺は街灯も少なく、夜になると真っ暗になることが多いです。その際にランタンや懐中電灯が大活躍します。暗い夜道を散歩するときなどは絶対に外せないアイテムです。コテージ宿泊の際は必ず持って行きたいアイテムのひとつです。

・防寒具

コテージ宿泊の際にこちらも外せません。キャンプ場は夜になるとグッと気温が下がるため、夏場でも必ず防寒具を持参するようにしましょう。日焼け防止のために長袖・長ズボンを着用するのもおすすめです。

 

コテージ宿泊で必要な物【バーベキュー編】

コテージでBBQ

キャンプの醍醐味と言えばなんといってもバーベキューですね。コテージ宿泊にバーベキューはつきものです。しかし、初めてだとどんなアイテムを持って行けばいいか分からないですよね。ここでは野外でバーベキューをする時に欠かせないアイテムを5つご紹介します。日用品と同様、事前に準備できるものばかりですので必ずチェックするようにしましょう。

 

・食材(調味料)

最近では、コテージ側が食材を用意してくれる「手ぶらスタイル」というサービスもあります。しかし、基本的に食材は宿泊者が用意する必要があります。お肉や野菜、魚介などの食材は腐りやすいためコテージの近くにあるスーパーなどで購入することをおすすめします。
もちろん調味料もない場合が多いので、事前に準備しておきましょう。特に夏場などは食材が腐りやすいので、クーラーボックスを用意しておくこともおすすめです。

・紙皿・紙コップ

バーベキューの際に紙皿・紙コップは絶対に外せません。せっかくの楽しいバーベキューです。始まってから「お皿がない!コップがない!」と焦らずに済むように、スーパーやコンビニなどでも購入することができるので、忘れないように持参しましょう。

・軍手

バーベキューを行う時には必ず軍手を用意するようにしましょう。
バーベキューと言えば火を起こすわけですが、絶対に素手で行わないようにしてください。素手で行うことで、やけどや大きなケガにつながります。火から離れた場所であっても、バーベキューセット設営時に手に怪我をする可能性もあります。ホームセンターやワークショップなどで安価で購入することが出来るので、事前に用意しておくようにしましょう。

・アルミホイル

アルミホイルはバーベキューの際に絶対に欠かせない必需品です。食材を包み焼きにする、焼いたものを保温しておくなど、アルミホイルは本当に万能です。コンビニやスーパーで買う事ができるので、忘れないようにしましょう。

・包丁やまな板などの調理器具

包丁やまな板などの調理器具もなくてはなりません。肉や魚など、食材を切る際に必ず必要となってきます。しかし、包丁は持ち運びが大変危険です。コテージによってはレンタルしているところもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。また手軽に、包丁を使わずに済ませるにはカット野菜やカットされた肉、魚を使用する方法もあります。

 

さあ、まずは1泊。初めてのコテージ泊にチャレンジ!

いかがでしたか?コテージは家具や家電、トイレやお風呂の設備が整っているので、キャンプ初心者におすすめです。荷物も少なくて済むので、特に家族連れにコテージ宿泊は最適だと思います。
今回は必需品編・バーベキュー編の二つにわけてご紹介しました。ご自身の家族構成や趣味などでも持ち物は変わってきますが、まずは初回、あまり気負わず、今回ご紹介した必需品を用意して気軽にコテージ泊にチャレンジしてみてください。

夕食は地元野菜のBBQ!夜は別荘気分の洋風コテージ『ホテル&コテージ白河 関の里』で。

慣れてくると、大自然に囲まれて読書をしたい、キャンプファイヤーをしながら楽器を演奏したい、周辺をサイクリングしながら散策したい…など楽しみ方のバリエーションも増えていくので、その時々で必要な物を追加しながら楽しんでみてくださいね。

この記事をきっかけに、大自然に囲まれた素敵なコテージキャンプを満喫してみてはいかがでしょうか。あなたのアウトドアライフが充実したものになれば幸いです。

=========================
関の里BBQプラン
料理長厳選!!秋・冬食材のBBQ 宿泊は薪ストーブ付きログハウスで♪
お1人様9,259円!ご予約は『こちら』から

=========================

記事一覧に戻る


page
top