1. ホーム
  2. ニュース&コラム
  3. 効率UPも期待できる?!企業で利用したい宿泊型研修10のメリットとは?

旅のHowTo

効率UPも期待できる?!企業で利用したい宿泊型研修10のメリットとは?

2017年12月23日

仕事で研修や会議を開きたい時、通常業務を行いながらだと落ち着いて研修や会議に臨めないのではないかという心配がありませんか?そこでおすすめしたいのが「宿泊型研修」ができるホテルを利用するプランです。今回は、会社を離れて「宿泊型研修」を取り入れるメリットについてお話をしたいと思います。

 

ホテルで宿泊研修

 

●集中できる環境で研修ができる

普段、会社の会議室を利用しての研修をする場合は、途中で電話や業務呼び出しをされる可能性や、社員が揃わないこともあるのではないでしょうか。また、会議中に出入りしなくてはいけない状況になるなど集中して研修に臨めないこともありそうです。
「宿泊型研修」では、日常業務から離れた環境で研修ができるため、集中して研修に臨むことができるというメリットがあります。

●移動コストを抑えられる

大人数で利用できる会議施設を探し、宿泊施設も用意すると移動のコストもかかってしまい大変です。その点、宿泊施設に併設されている大会議場があれば移動の手間やコスト削減につながり、移動の時間も少なくて済みます。社員も移動による疲れが軽減され、研修に集中できるというメリットも得られそうです。
また「宿泊型研修」に対応をしているホテルでは、研修に使える会場が時間制で利用できる施設が多くあり、宿泊中であれば午前2時間と夕食後2時間など離れた時間に利用することも可能です。同じホテルに宿泊の予定があれば、ゆっくり社員同士のディスカッションをすることができ、新しいアイデアの発見や掘り下げた話し合いもできそうですね。

 

集中して研修

 

●「宿泊型研修」は遠方の支店・営業所の社員も参加しやすい

本社から離れた遠方の支店・営業所の社員は、研修に参加するための移動時間も大変ではないでしょうか?会議自体は日中に行われることが多いので、早朝に地元を出発して、会議に出席、深夜最終便でトンボ帰りし翌日は出社…では心身共に疲れてしまいますね。「宿泊型研修」であれば、会議後そのまま宿泊ができるメリットがありますので、移動の疲れをゆっくり癒すことができます。せっかくですので、いつもの環境とは違うリゾート地や温泉施設などでの研修がおすすめです。
リゾート地や温泉施設にも企業研修に対応したホテルが多くあります。また駅から離れていても無料送迎してもらえる施設もありますので、利用される際には確認をしておかれると良いでしょう。

●設備の整った施設を選べば、準備の負担も少なくて済む

会社を離れての会議は、機材や備品の準備を心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか?「宿泊型研修」に対応しているホテルでは、会議に利用できる大ホールをはじめ、人数にあわせた会議室が併設されている施設もあります。またスクリーンやホワイトボード、レクチャー台などがレンタルできるため、機材の準備も最小限で済み、移動の手間や経費も少なくて済みます。さらにWi-Fi環境が整っていれば、研修中はもちろん研修後の資料まとめ、情報のやりとりなどもスムーズにできそうです。

「宿泊型研修」ができるホテルをお探しの場合には、会議スペース、設備、Wi-Fi環境も要チェックですよ。万が一、自分たちが行いたい会議にどういう設備があればよいか分からない場合やマニュアル作成が必要な場合も、専属の担当者が在籍している場合もありますので、不明な点は相談もできます。

 

会議室

 

●目的に合わせた会場選びで効率良い研修ができる

他拠点の社員も集まって研修を行う場合、できればゆったりした会場があるホテルがおすすめです。ずっと机に向かっていると疲れてきますので、研修の合間に休憩を取り入れるとことはもちろん、研修を再開する時にはストレッチなど体を動かすこともおすすめです。
高い天井の部屋や、大きな窓から見える景色が良いと解放感があり、気分転換にもつながると思います。
全体研修とあわせて小グループの研修もお考えの方には、会場が分割できるなど人数に合わせた会議室があるホテルもおすすめです。全体が集まる絶好の機会を有効活用してください。

●チーム力が育まれる

業務中にメールや電話でのやり取りをしていても、他拠点の社員と顔を合わせる機会はなかなかないのではないでしょうか?「宿泊型研修」のメリットは、他拠点の人と顔を合わせることができたり、同じ業務に就いている人との顔合わせもできたりするため、研修後の仕事がスムーズに行える効果なども期待できることです。また幹部と従業員が一緒に過ごせる貴重な機会ですので、「宿泊型研修」は一体感、チーム力を育む場として活用できそうです。

●知識や情報交換のできる貴重な場でになる

「宿泊型研修」は、他拠点の社員と仕事についての知識を共有したり、情報交換したりできる貴重な場でもあります。普段の業務とは違う環境の中で、より良く仕事を進める方法についての意見やアイデアがでることもあるでしょう。また業務中はあまり話す機会のない幹部の話が聞けたり、部署の上司とゆっくり話す良い機会になります。通常業務に戻ってからも、幹部、他拠点の社員と話した事や情報が仕事に有効活用できそうですね。

●リフレッシュできる

会議に集中できるのはとても良いことですが、その反面、煮詰まってしまうこともあるかもしれません。また、宿泊施設を利用するのなら日々の疲れが癒せると良いですね。
「宿泊型研修」ができるホテルをお探しなら、リフレッシュできるスポーツ施設、研修後にゆっくり温泉に入れるなど疲れが癒せる設備があるかどうかも確認しておくと良いでしょう。また社員同士の親睦を深めるため、スポーツ施設や自然の中で楽しめるレクリエーションプランがあるホテルもあります。一緒に仕事をしている仲間の意外な一面が見られるかもしれません。今後の業務のためにもレクリエーションプランがあれば、ぜひ検討してみてください。

ホテル部屋

●ゆっくり休めるプライベート空間がある

会議をより充実したものにしたいのであれば、客室など社員がゆっくり過ごすスペースについての配慮も必要です。客室は休憩する場としての利用はもちろん、会議のレポートをまとめたい時にも集中できる大切な場所になります。少人数で利用できるホテル型をはじめ、普段とは違う雰囲気で気分転換ができるペンションタイプの施設もあります
さらに施設内に共有部分があれば、他拠点の社員と歓談をしたり、仕事で気になっていたことを聞いたり自然な交流ができると思います。「宿泊型研修」施設であれば、時間を気にせずゆっくり話せますので、社員同士のコミュニケーションをとる場としてもぴったりですよ。

●食事環境が整っている

「宿泊型研修」ができるホテルでは集中したい研修中のランチはお弁当、そして終了後には社員が集まって食事をしたり、温かい季節にはバーベキューを楽しんだりできる多彩な食事プランが用意されている施設がおすすめです。特に数日滞在する場合には、食事に飽きないよう配慮ができるといいですね。また、シェフが作る豪華な料理が食べられるホテルや、その土地のグルメ味わえる宿泊施設もありますので、「宿泊型研修」をお考えの際には、利用したい施設でどんな料理が提供されるのかを確認しておくと社員の方にも喜ばれると思います。

宿泊研修でチーム力UP!

会議室

 

「宿泊型研修」は、研修の成果だけでなく社員同士の繋がりが深まることで社内環境の向上や仕事に対する姿勢もより真摯なものになることが期待されます。
大規模な会議になるとなかなか一同に会して行うこともできないこともありますでしょうが、定期的に参加者の組み合わせを変えるなどして「宿泊型研修」を開催してみてはいかがでしょうか。

 

========================
関の里の団体研修プラン お1人様7,500円から!
http://sekinosato.jp/biz/
========================

記事一覧に戻る

宿泊予約

宿泊予約
宿泊プラン一覧
0248-32-3151

【電話受付時間】10:00〜17:00